院長挨拶
診療案内
施設紹介
交通案内
お知らせ
リンク
お問合せ
トップページへもどる
   お知らせ


 ここでは、当クリニックからのお知らせを掲載しています。
 随時内容を更新していきますので、ときどきご覧ください。

   新型コロナウイルス感染症の豆知識

ウイルス名と特性:COVID-19 
    SARSと同じコロナウイルスに属するRNAウイルス
    皮膜を持つためアルコールで不活化できる
    変異株(イギリス株、インド株など)多数出現

発生地:中国湖北省武漢市 (雲南省説もある)

感染様式:飛沫感染(マイクロ飛沫感染を含む)・接触感染 
    人→人感染あり(妊婦の感染はあるが胎児の感染はない)

感染力:感染3日目から上昇、発症0.7日前にピーク、発症7日目には低下
    イギリス株は1.6倍、インド株はその約2倍の感染力あり

生存期間:紙布面1日 金属面2〜3日 プラスチック面3日 
    エアロゾル3時間  紫外線で短時間で死滅できる

潜伏期間:2〜7日 平均5日 最長14日

基本再生産数:2〜3.5 デルタ株は5〜8
    何も対策をとらなかった場合に、ある感染者がその感染症の免疫を
    まったくもたない人の集団に入ったとき、感染力を失うまでに直接
    感染させてしまう平均の人数
    (麻疹は12〜18、SARSは3、インフルエンザは1〜2)

実効再生産数
    現状で、1人の感染者が他の人に感染させている平均の人数

死亡率:平均死亡率 3.3%(欧米は10%以上) 80歳以上 25%

重症化患者:高血圧、心疾患、糖尿病、がん、免疫不全、高齢者、喫煙者
    中年の肥満男性が多い

診断方法:PCR検査
    (陽性は感染確定 初期の陽性率60〜70%、陰性でも感染を否定
     できない)
     抗原検査キット
    (感度は多少低く偽陽性・偽陰性あり、15分程度で判明可)

臨床症状:無症状 40%、軽症 40%(軽症者にも肺炎あり)
     約50%が肺炎発症、14%が重症化、5%が呼吸不全→ 呼吸器
     咳 81%、発熱 40%(肺炎を合併すれば経過中に90%が発熱)
     味覚・嗅覚障害 33%、息切れ 31% 、筋肉関節痛・倦怠感 30%
     喀痰 27 %、鼻汁 まれ、消化器症状 まれ、血栓症20〜40%?
    
臨床経過:重症化する場合は平均して発症3〜5日後に急激に重症化
     肺炎→呼吸不全→人工呼吸器・エクモ
     回復過程:肺炎の回復は平均14日要する (重症者は3〜6週間)
     胸部レントゲン写真:初期は異常を捉えにくく、発症10日後には
     顕著な陰影が現れる→初期の診断には不向き
    (初期は胸部CT写真が有用、両側胸膜からスリガラス陰影)

治療方法:レムデシビルは2020年5月に承認済み デキサメタゾン
    (軽症:アビガン) アクテムラ サリルマブ
     イベルメクチンは未だ検討中

ワクチン:各国が開発し多数の国が認可し実施している。
    日本ではファイザー、モデルナ、アストラゼネカが認可を得て
    実施始まる 他にジョンソン&ジョンソン、ノババックス治験中

予防法 :3密を避ける 部屋の換気をする 石鹸で手を洗う アルコール
     で消毒する(エタノールが有効、ベンザルコニウムは効果が弱く、
     クロルヘキシジングルコン酸は効果がない) 外出を極力控える 
     人と2mの距離をあける 不織布のマスクをしてすき間をなくす
     短い会話をする 十分な睡眠と栄養(特にビタミンD)をとる

  (各データには調査機関や研究論文によって多少の違いがあります。)


求人情報  

     現在は求人をしていません。  

勤務体制 週休1.5+0.5(土曜日午後と木曜日午後)日制 日勤外来勤務
夜勤なし。 
給与 委細面談による。
諸手当 時間外手当 職務手当て 調整手当 単身者一部住宅手当
交通費 定額支給
昇給 年1回 
賞与 年2回
休暇 有給休暇、夏期休暇、年末年始休暇
福利厚生 各種社会保険制度、退職金制度、単身者住居費一部負担
被服 ユニフォーム類一式貸与  シューズ支給
応募方法 詳しくはハローワーク岡山にお問い合わせいただくか、直接当院にお電話をください。